館山で県有形文化財一般公開|進KA

館山で県有形文化財一般公開

卒業生らが昭和の趣に思い馳せる

ああああ

ああああああああああ

ほげほげほほげほげほほげほげほほげほげほほげほげほほげほげほほげほげほほげほげほほげほげほほげほげほ
ほげほげほほげほげほほげほげほほげほげほほげほげほほげほげほほげほげほ
ほげほげほほげほげほほげほげほほげほげほほげほげほほげほげほほげほげほほげほげほほげほげほ

千葉県指定有形文化財の安房南高校急第一校舎10月29日に一般公開された。校舎は関東大震災の教訓のもと、当時の耐震技術の水を集めた学校建築である。千葉県安房高校と統合され廃校となった後も印象的な左右対称に大きく翼を広げたような外観や内容も当時のまま残されている。第38回モントリオール世界映画祭で審査員特別賞グランプリとエキュメにかる審査員賞を受賞した「ふしぎな岬の物語」や「鹿男あをによし」などテレビドラマや映画の撮影に使用されている。この日は県職員によるガイドツアーや、開校からの歴史がわかる写真の展示、安房高校の生徒による美術、写真の展示や書道パフォーマンス、吹奏楽の演奏が行われた。

続きは月刊進KA(2017年1月号)をご覧ください。
ご注文はこちらからどうぞ